【Guest Article】ショート・フィルム『リッチーとの一日』

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+


img_0

いうまでもないが音楽を使う映画はミュージカル映画だけではない。
センスのいい曲が場面と重なり合う瞬間は心が躍る。自分が好きな曲が映画で使われていれば最高に嬉しいし、聴いたことのない曲でも新たに気に入った曲を知れればこれまた最高。最高の一言で済ませてはいけない気がするが…最高だから仕方がない。

前置きはこのくらいにして、今回私が紹介したいのは、昨年第85回アカデミー賞短編実写部門で見事オスカーに輝いた短編映画『リッチーとの一日』(原題:『Curfew』)。
去年の夏、続編(原題:『Before I Dissapear』)として長編化が決まり、また話題になりました。今春には「SXSW」でプレミア上映されたようです(長編ドラマ部門で観客賞受賞)。ちなみにアメリカでは今年の11月28日公開予定。今日!!日本での公開も期待したいです。

日本で短編映画ってなかなか観る機会が少ないけれど、そもそも私が興味を持ち始めたのは「SSFF&ASIA」に携わってから。東京に夏(5-6月頃)、秋(10月頃)行く機会があれば是非立ち寄ってみてください。回し者ではないですが横浜には短編映画専門の映画館「ブリリアショートショートシアター」もあって、ここは年中開いているので是非!作品の時間はまちまちですが一時間半あれば大体5、6本の短編映画が観れます。

しかし、福岡で観るならば…私はこのネット社会、Vimeoという動画サイト、結構お世話になっています。ミュージックビデオやアニメーションなどもあり様々なジャンル別に分かれているのでとても面白いです。

そもそも短編映画って何分間くらいのものをいうの?ってところですが規定は映画祭などによってバラバラで大体は長くても30分前後だと思います。短ければ1秒からでもありだと思います。1秒で何かを表現するのはとても難しいことですが、私も3秒なら挑戦したことがあります。stop motion 、所謂コマ撮りで作ったものです。短編映画と立派なことは言えませんが静止している物体を撮っては動かし、撮っては動かしを3秒作るのに何枚もテイクを重ねました。私の話はどうでも良いことで、今活躍している監督さんも原点は短編映画にあるのではないかと思います。実際に初心に戻るためや改めて短編の魅力を感じたことから長編を作りつつもまた短編を撮り始めている監督さんも多いようです。

 

それにしてもリッチーは何処に行った?って話ですね。女は一つの話が終わる前に二つ目三つ目を話始め、男の頭の中を混乱させる性質があるようですが否めないです。無駄口叩かずリッチーに戻って簡単なあらすじを。

IMG_8678
生きる希望を失った主人公リッチー。今晩も風呂の中で手首を切って自殺を図る。そんな彼の元に妹から電話がかかってくる。一晩だけ娘のソフィアを預かってほしいとのこと。リッチーはOKし、ちょっとおませでしっかり者のソフィアと一日を過ごす。生きる希望を失った1人の男と未来に希望を持った1人の少女が交差したことで互いに感じたこと、リッチーの決断とは…

実は妹も悩みを抱えている、など短編とは思えないシナリオです。訳あって同じ日に何度か繰り返し観た日があったのですが、(短編の繰り返しって好きなアルバムをエンドレスで聴くこと並みのペースだけど)僅か20分という作品の中には確かに観るものに訴える何かがあって何回観てもジーンとくるものがありました。

ほうほう、で、音楽の話は?ということで、ソフィア役のファティマちゃんが最高に可愛いシーンをご覧あれ↓

このシーン可愛いだけじゃなく、もちろん話の鍵となると言っても過言でないほど重要なシーン。こんな手法で演出するなんてなんともお洒落な監督。監督は主人公リッチー役のショーン・クリステンセンですが、エンドロールに流れる曲Alexander EbertのTruthも趣味がよくて◎。

 

何らかの賞を取った作品にこだわる必要はないと思いますが、手始めに歴代のアカデミー賞短編部門受賞作品制覇なんてのもありですね。それこそ近年のPVなんて映画さながらストーリー仕立てのものが増えてきてPVでも素敵なもの結構あります。AviciiのAddicted To Youなんか格好よくて気に入っているPVの一つです。

長編作品でも”それぞれのシネマ”とか”10ミニッツ・オールダー”のような複数の監督が作った短編を寄せ集めてできた作品は一つの主題からこんなにもいろいろなストーリーができるんだってなんだか物の見方を考えさせられて面白いと思います。

長編と違ってあっという間に終わってしまう短編映画ですが、終わった後の余韻は長編には劣らないものがあるし、気にも留めていなかった些細な出来事を主題にしたり大袈裟に聞こえるけれど非日常を垣間見るよい機会でもあると思います。

 

Curfew(2012) 19minutes/United States
Directed/Written by Shawn Christensen
Shawn Christensen as Richie
Fátima Ptacek as Sophia
Kim Allen as Maggie

Before I Dissapear(2014) 93minutes/US
Directed/Written by Shawn Christensen
Shawn Christensen as Richie
Fátima Ptacek as Sophia
Emmy Rossum as Maggie

Guest Writer
Julia
映画、音楽、珈琲、絵、チーズ、好き

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>